iOS スクリーンショットを片手で行う2つの方法

iPhoneでスクリーンショットを撮影するには、サイドボタンを長押ししながら音量を上げるボタンを押す(ホームボタン搭載モデルの場合は、電源ボタンとホームボタン)必要があります。

この操作を片手で行うのは難しく、現実的ではありません。

でも、時には片手でスクリーンショットを撮影したいというケースもあります。そんなときに使える方法は以下の2つ。

  • 背面タップ機能を使う方法
  • AssistiveTouchを使う方法

片手でスクリーンショットを撮影する方法

もしもあなたのiPhoneがiOS14以上ならば、背面タップの機能にスクリーンショットを設定することをおすすめします。

背面タップの設定画面から、ダブルまたはトリプルタップのどちらかにスクリーンショットを割り当てておけば、片手で簡単にスクリーンショットを撮影することができるようになります。

iOS14が搭載されていないiPhoneや背面タップが好きじゃないという場合には、AssistiveTouchを使用することで片手でのスクリーンショット撮影が可能になります。

AssistiveTouchの設定方法

1.設定を開き「アクセシビリティ」をタップします。

2.「タッチ」をタップします。

3.「AssistiveTouch」をタップします。

4.「AssistiveTouch」をオンにします。

以上で設定は完了です。スクリーンショットを撮影したいときには、以下の方法で撮影が可能です。

1.AssistiveTouchアイコンをタップします。

2.「デバイス」をタップします。

3.「その他」をタップします。

4.「スクリーンショット」をタップします。