iOS14 位置情報の送信を「おおよその位置」に変更する方法

iPhoneに限らずスマートフォンには、GPSが搭載されています。

このGPS機能によって測定された位置情報は、マップやSafariなどのアプリで利用されていますが、あまりに正確な位置情報を他人に知られて、もしも悪用されたなんて事があったらと思うと不安ですよね。

iOS14では、アプリの使用中に送信する位置情報を、アプリごとに「正確な位置」か「おおよその位置」を送信するかを設定できるようになっています。

今回は、送信する位置情報について選択する方法を紹介します。

正確な位置情報を送信しない方法

1.設定を開き、「プライバシー」をタップします。

2.「位置情報サービス」をタップします。

3.位置情報設定を変更したいアプリをタップします。

4.「正確な位置情報」をオフにします。

これで位置情報については、おおよそのものしか送信されないようになりました。