iPhoneのボタンがきかないときに物理ボタンを使わずに再起動をする方法

急にiPhoneが動かなくなってしまった。どのボタンを押しても反応がない!なんて時に、真っ先にためしたいのがiPhoneの再起動です。

通常は、サイドボタンとボリュームアップボタンを長押しすることでiPhoneの電源を切ることができますが、ボタンが反応しない状態ではこれも使えません。

そんなときには、これから紹介するAssistiveTouchをためしてみてください。

AssistiveTouchを有効にして再起動を割り当て

1.設定を開き、「アクセシビリティ」をタップします。

2.「タッチ」をタップします。

3.「AssistiveTouch」をタップします。

4.「AssistiveTouch」を有効にします。

5.「最上位メニューをカスタマイズ」をタップします。

6.「+」をタップします。

7.新たに出現した「+のアイコン」をタップします。

8.一覧から「再起動」を選択し、「完了」をタップします。

これで設定は完了です。画面上に表示されるようになった丸いアイコンから再起動を選択すれば、iPhoneを再起動することができます。