iPadOS15.4 ユニバーサルコントロールを使用するための設定方法

スポンサーリンク

iPad OS15.4では、「ユニバーサルコントロール」という機能が使用可能になりました。

この機能を使用すると、Macに接続されているキーボードやマウス、トラックパッドを使用してiPadを操作することができるようになります。

ユニバーサルコントロールを使用する方法

ユニバーサルコントロールの使用条件

ユニバーサルコントロールを使用するには、下記の条件を満たしていることが必要です。

  • 同じApple IDでiPadとMacにログインすること
  • Wi-Fi、Bluetoothをオンになっていること
  • iPadとMacのOSがそれぞれiPad OS15.4、macOS Monterey12.3がインストールされていること

条件を満たしていることを確認したら、iPadとMacそれぞれで設定します。

iPad側での設定方法

1.設定アプリを開き、「一般」をタップします。

2.「AirPlayとHandoff」をタップします。

3.「カーソルとキーボード(ベータ版)」をオンにします。

次にMac側の設定です。

Mac側での設定方法

1.システム環境設定を開き、「ディスプレイ」をクリックします。

2.「ユニバーサルコントロール」をクリックします。

3.リスト一番上の「カーソルとキーボードを近くにあるすべてのMacまたはiPad間で移動することを許可」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

4.「ディスプレイを追加」をクリックし、「キーボードとマウスをリンク」に表示されているiPadをクリックします。

これで設定は完了です。

iPad上にマウスカーポインターが表示され、MacのマウスやトラックパッドでiPadが操作可能になります。

また、文章などの入力もMacのキーボードで行うことができます。

この機能を使えば、iPad用のマウスやキーボードを用意しなくてもiPad上でマウスやキーボード操作が可能になり、iPadでの作業が格段にやりやすくなります。

【iPadOS15.4】ユニバーサルコントロールの接続を解除する方法

2022-03-20

スポンサーリンク