iOS12 スマホの利用時間を制限する方法

スマホには夢中になってしまうようなゲームアプリや、動画配信サービスなど夢中になってしまう要素がたくさんありますよね。

とはいえ、お子様の利用時間はある程度管理したいもの。

そんな方に朗報です!

iOS12からの新機能に『スクリーンタイム』というものがあります。
これを使用すれば、お子様のiPhoneの利用時間を確認したり制限をすることがきます。

iPhoneの利用時間を制限する方法

1.『設定』アプリを開きます。

2.『スクリーンタイム』を開きます。

3.『休止時間』を開きます。

4.『休止時間』をオンにします。

5.iPhoneの利用を制限したい曜日と時間帯を設定します。

5-1.『毎日』または『曜日別に設定』を選択します。
『曜日別に設定』を選択すると、曜日別に制限する時間を設定することができるようになります。

5-2.『開始』と『終了』の時間を設定します。

設定が完了すると、利用できないアプリは通常よりもアイコンが暗く表示されます。

利用制限がかかっているアプリを開こうとするとこのような画面が表示され、利用することができなくなっています。

お子様のiPhoneの利用時間が気になるという方は、一度お試しください。

より強固な制限を設けたい場合はこんな機能もお試しください。

【あわせて読みたいスクリーンタイム設定方法】
iOS12 スクリーンタイムの利用制限をより強固にする方法