iPhone Xで緊急SOSを使う方法

iOS11以降のiPhoneには、なにか不測の事態が発生したときに、すぐに緊急連絡先に電話をかけて助けを求め、緊急連絡先に知らせることができる「緊急SOS」機能がついています。

この緊急SOS機能の使い方が、iPhone7までとiPhone8以降では変わっています。

今回はiPhoneXなどのiPhone8以降の機種での緊急SOSの使い方を紹介します。

いざというときのために覚えておこう!

1.iPhoneXで緊急SOSを使いたいときは、「サイドボタン」と「音量ボタン(上げるまたは下げるボタンどちらでも可)」をスライダが表示されるまで押します。

2.「緊急SOS」スライダをドラッグして電話をかけます。

スライダをドラッグしなくても、サイドボタンと音量ボタンを押し続けていると、カウントダウンが始まります。

カウントダウンが始まるまでボタンを押し続けると、自動的に緊急通報用電話番号に電話が掛かるようになっています。

この緊急SOS機能で命が助かったというケースもありますので、万が一のときのために使い方を覚えておきましょうね。