Mac アプリケーションを終了させるためのショートカット

WindowsからMacへ乗り換えた際に戸惑うことのひとつが、アプリの終了方法ではないでしょうか?

アプリの終了がWindowsとは違う

Windowsと違って、「×ボタン」をクリックしただけだとアプリを終了することができません。この×ボタンを押した状態は、ウインドウを閉じただけの状態でアプリ自体はまだ起動しています。

今回は、Macでアプリを終了するためのカンタンなショートカットを紹介します。

Macでアプリを終了させる方法

通常アプリを終了させるときは、上部のメニューから「アプリ名をクリック」→「○○(アプリ名)を終了」をクリックします。

ただ、いちいちメニューをクリックするのは面倒ですよね。

そんなときは、このショートカットを使ってみてください。

キーボードのcommand+Qを押してあげれば、アプリを終了させることができます。

使わないアプリを起動したままにしておくと、Macの動作がどんどん重くなってしまいますので、使わないアプリはこまめに終了させるようにしておくと快適に使えますよ。