知らないと損!?Macの各種AppからiPhoneのカメラを起動させ写真や書類を直接挿入する方法

「連携カメラ」っていう機能をご存知ですか?これを知っているとMacでの作業が格段にはかどるようになりますよ。

連携カメラとは?

連携カメラとは、MacからiPhoneやiPadのカメラを起動させ、撮影した写真やスキャンした書類をすぐにMacに表示させるというもの。

AirDropやメールなどでわざわざMacへ転送する必要がなく、撮影した写真や書類を直接Mac上のAppに転送することが可能です。

そのため作業の効率化を図ることができます。

連携カメラを使うための条件と使用可能App

システム条件

  • MacとiOSデバイスの両方でBluetoothとWi-Fiがオンになっている
  • MacとiOSデバイスで、2ファクタ認証が有効になっている同一のApple IDでiCloudにサインインしている
  • MacでmacOS Mojaveを使い、iOSデバイスでiOS12を使っている

利用可能App

  • Finder
  • Keynote 8.2以降
  • メール
  • メッセージ
  • メモ
  • Number5.2以降
  • Pages7.2以降
  • テキストエディット

連携カメラの使い方

実際の使い方を紹介します。
ここでは、写真を撮影して挿入する方法を紹介します。

1.対応しているApp(メモなど)を起動します。

2.写真を挿入したい場所で、右クリックします。

3.「写真を撮る」をクリックします。

4.iPhoneのカメラが起動するので、写真を撮影します。

5.「写真を使用」をタップします。

6.メモに写真を挿入することができました。

書類をスキャンする場合も同様の手順でスキャンした書類をメモなどのMacAppへ直接転送することが可能です。

MacとiPhoneを使っているならば、知らないともったいない機能ですので、是非チェックしてみてください。