iPhone マスクをしたままFaceIDでロックを解除する方法

なにかとマスクを着用する機会が増える季節。特に今年は新型コロナウイルスがあるので、その機会は激増しているのではないでしょうか?

そんなときに困るのが、iPhoneのFace ID認証。マスクをした状態だと顔認証が通らず、わざわざマスクを外して・・・なんてことありませんか?

今回は、マスクをしたままFace IDを使う方法を紹介します。

1.鼻が見えるようにマスクをずらす

Face IDで使用されている顔認証システムは、下記の3点がどこにあるかというのが、最低限の条件となっているようです。

  • 両目の位置
  • 鼻の位置

ですので、Face IDを使用する際にマスクをずらし、鼻の頭が見えるようにしてあげると、認証されやすくなるようです。

2.マスクをして鼻を出した状態で「容姿を追加」

上記1の方法で、認証ができないという場合は、「もう一つの容姿」を設定しておきましょう。

1.設定を開き「Face IDとパスコード」をタップします。

2.パスコードを入力します。

3.「もう一つの容姿をセットアップ」をタップします。

4.マスクを着用し、鼻を出した状態で容姿を登録します。

ウイルスを防ぐ目的でつけているマスクですので、できる限り外す機会は減らしたいですよね。

鼻を出している時点で、予防精度は下がるんじゃない?という意見もあると思いますが、それでも完全に外してしまうよりはまだマシかと・・・。