Wordで時候の挨拶を簡単作成

Wordを使って文書を作成する際に決まって必要な「頭語」や「結語」、そして「時候の挨拶」ですが、どれを使用したらいいのか?どんな時候の挨拶があるのかよく分からないですよね。

でも、Wordなら時候の挨拶などの文言が登録されているので、選択するだけで文書入力をしてくれるので、今回はその機能をご紹介します。

『頭語』と『結語』は頭語だけ入力すればOK

1.Wordを開いたら「拝啓」とだけ入力して『Enter』キーを押します。

2.自動的に「敬具」という結語が入力されました。
同様に「前略」や「謹啓」と入力してEnterキーを押すと「草々」「謹白」と入力されます。

「時候の挨拶」は選ぶだけでOK

1.時候の挨拶を入力する際は、まず『挿入』のタブをクリックします。

2.『あいさつ文』をクリックして、サブメニューから『あいさつ文の挿入』をクリックします。

3.その時期に適切な文言が表示されますので、3つのカテゴリーから1つずつクリックして選択します。選び終わったら『OK』をクリックします。

4.先程選択した文章が入力されました。

この機能を使えば、書き出しをどうしたら良いか分からないなんて事にはならずに済みますね。