iOS13 いつでもバッテリーをフル充電に!充電の80%制限をオフにする方法

iOS13から、バッテリーの劣化を防止する「最適化されたバッテリー充電」という新機能が搭載されました。

最適化されたバッテリー充電ってどんな機能?

この機能は、充電を開始すると一旦80%の状態まで充電が開始され、ユーザーの利用状況を学習しiPhoneを使い始める直前に100%まで充電してくれるというもの。

フル充電の状態はバッテリーへの負荷が大きいので、その分劣化が早くなります。そのためバッテリーの寿命を延ばすために、この機能が搭載されています。

気づいたら充電が完了していないなんてことも?

この機能は、いつもの生活週間を学習してフル充電が完了する時間が計算されます。

そのため、いつもより行動時間が早くなったなんてときには「バッテリーが100%になっていない」なんてことが起きる可能性も。

朝早く出掛けないとならないなんていう忙しいときに、バッテリーが80%しかなかったら困っちゃいますよね。

ということで、この機能の解除方法を紹介します。

充電80%制限を解除する方法

1.設定を開き、「バッテリー」をタップします。

2.「バッテリーの状態」をタップします。

3.「最適化されたバッテリー充電」のスイッチをタップします。

4.メッセージが表示されたら、「オフにする」をタップします。

これで作業は完了です。

これからは、充電を開始すると従来通り最短時間で100%まで充電がされるようになっています。

忙しい朝に充電が100%になっていない!なんてことになったら大変ですからね。生活に欠かすことのできないスマホですから、一度はこの設定項目をチェックしておくことをおすすめします。