3月27日発売!『新しいiPad Pro』性能まとめ

2020年3月18日未明にAppleが突如新型の『iPad Pro』の発表を行いました。すでに3月20日より予約受付が開始されており、3月27日の発売予定となっています。

色はおなじみのシルバーとスペースグレイの2種類で容量が128GB、256GB、512GB、1TBの4種類。価格は以下のとおりです。(税抜き価格です)

■11インチディスプレイ

128GB 256GB 512GB 1TB
Wi-Fiモデル 84,800円 95,800円 117,800円 139,800円
Wi-Fi+Cellularモデル 101,800円 112,800円 134,800円 156,800円

■12.9インチディスプレイ

128GB 256GB 512GB 1TB
Wi-Fiモデル 104,800円 115,800円 137,800円 159,800円
Wi-Fi+Cellularモデル 121,800円 132,800円 154,800円 176,800円

今回は、発売を2日後に控えた『新しいiPad Pro』の性能をまとめてみました。

主な新機能はコレ

今回発売されるiPad Proでは以下の性能が改良されているようです。

  • A12Z Bionicチップ搭載
  • Liquid Retinaテクノロジー
  • 超広角カメラ
  • LiDAR(ライダー)スキャナー搭載

A12Z Bionicチップ

新しいiPad Proでは、『A12Z Bionicチップ』を搭載。8コアのグラフィックプロセッサにより、より高速処理が可能となっているようです。

ほとんどのノートパソコンより高速

Apple HPより

これほどAppleが謳っているように、4Kビデオの編集や3Dデザインでもスムーズが作業が可能となっているようです。

Liquid Retinaテクノロジー

ディスプレイには、Liquid Retinaディスプレイが採用されています。業界トップレベルの色精度や、極めて低い反射率、True Toneなどでより自然で鮮やかな表現ができるようになっています。

超広角カメラ

カメラには10Mピクセルの超広角カメラと12Mピクセルの広角カメラを搭載。これによりiPhone11のような超広角での撮影も可能になっています。

LiDAR(ライダー)スキャナー搭載

また新しく搭載されたLiDAR(ライダー)スキャナーにより、最大5メートル離れた場所にある物体の測定が可能に。

これによりARオブジェクトが今まで以上に正確に機能するようになって、より臨場感のある体験をすることができるようになっています。

Source:Apple Newsroom