iOS13.5リリース-マスク着用時のロック解除ほか修正ポイント

アップルがiOS13.5をリリースしました。以前から噂になっていた、Face ID搭載の端末でマスク着用時に素早くパスコード入力画面にアクセスできる機能のほか、いくつかの修正がされています。

iOS13.5での修正点

今回のアップデートでは、iPhone X以降のFace IDが搭載された端末でマスク着用していて認証ができないときに、ロック画面を下から上にスワイプすることでパスコード入力画面を表示させることができるように修正されています。

また、FaceTime通話で話している参加者のタイルが変更されないように制御できるような機能や新型コロナ対策追跡Appに対応するAPIが導入されています。

Face IDとパスコード
  • Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
  • App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他Appでの認証時にも使用可能
接触通知
  • 公的保険機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API
Face Time
  • グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプション