Windows10 バックグラウンドアプリの設定を変更する方法

【バックグランドアプリ】という言葉を聞いたことはあるでしょうか?バックグラウンドアプリとは、対象のアプリを起動していない状態でもバックグラウンドで通信や動作を行っているアプリを指しています。

私たちの目には見えない場所で、CPUやメモリのリソースを使用し、通信まで行ってくれてしまっている状態ですので、パソコンにたいして負荷のかかる作業をしていなくても『なんだかパソコンが重い(遅い)』という現象の原因になってしまっていることがあります。

もし今パソコンが重いと感じる方は、これから紹介するバックグラウンドアプリの設定を見直してみてはいかがでしょうか?

バックグラウンドアプリの設定変更方法

1.設定を開き「プライバシー」をクリックします。

2.左側のメニューを下にスクロールし「バックグラウンドアプリ」をクリックします。

3.画面右側のアプリ一覧より不要なアプリのバックグラウンドでの実行をオフにします。※初期状態ではすべてのアプリがオンになっています。