Excel セルの書式設定をカンタンに表示させる方法

Excelで文字の表示形式やセルの色や罫線を変更したりするときによく使うのが、「セルの書式設定」です。

「セルの書式設定」は、セルを右クリックしてメニューから「セルの書式設定」を選択することで表示することが可能ですが、この方法ちょっと面倒くさいと思ったことはありませんか?

じつは、もっとカンタンに「セルの書式設定」を表示する方法があるのでご紹介します。

「セルの書式設定」は○○+○○キーでOK

セルの書式設定をカンタンに表示させるには、キーボードショートカットを利用します。

そのショートカットがこちら。

「Ctrl」+「1」

「Ctrl」キーを押しながら数字の「1」を押すことでセルの書式設定を一発で表示させることができます。

「Ctrl」+「1」でセルの書式設定の呼出が可能

この方法なら、セルを選択後に右クリックしたりメニューから選択をする必要がないので、作業の効率化にひと役買ってくれる可能性は大です。

毎日の業務でよく「セルの書式設定」を使用するという方は、覚えておくと作業効率がアップするかもしれませんよ。