Excel ウィンドウ内のタブをマウスなしで切り替える方法

先日、Excelで「セルの書式設定」を表示するためのショートカットキーの紹介をしましたが、今回はこのようなウィンドウ内のタブをマウスを使わず移動する方法を紹介します。

下記画像(セルの書式設定)のウィンドウのように、いくつかのタブが配置されている設定画面はよくありますよね。このタブを移動するとき、普通はマウスをクリックして目的の設定画面を開くと思います。

けれど、このタブの移動もキーボードショートカットで行うことができるんです。

タブの移動をするためのショートカットキーは?

ウィンドウ内のタブを移動するためのキーボードショートカットは

「Ctrl」+「Tab」

で行うことができます。ウィンドウを開いた状態で「Ctrl」キーを押しながら「Tab」キーを押すことで、ひとつ隣のタブに移動することができます。

マウスの使用頻度が減れば、その分タイピングの流れから設定画面を移動することができますので、作業の効率化に繋がります。

まだマウスを使ってタブの移動をしているという方は試してみてください。