Excel ファイルを保存するときに覚えておきたい2つのキーボードショートカット

Excelで作成したファイルを保存や名前を付けて保存をするとき、[ファイル]タブ→[保存]または[名前を付けて保存]を選択していませんか?

けっして間違った方法ではないのですが、ここでもキーボードショートカットを使用すると作業の効率化に繋げることができます。

今回は、ファイルの保存や名前を付けて保存をするときに使用できるキーボードショートカットを紹介します。

保存(上書き保存)

ファイルの保存や上書き保存をしたいときには、キーボードの「Ctrl」+「S」を押します。

ダイアログボックスが表示されたら、「ファイル名」を入力し「保存」をクリックすれば保存をすることができます。

名前を付けて保存

では、名前を付けて保存の場合ではどうでしょう?

名前を付けて保存にもちゃんとキーボードショートカットが割り振られています。名前を付けて保存をしたい場合には、キーボードの「F12」を押します。
※ノートパソコンなどの場合は、「Fn」+「F12」の場合もあります。

ダイアログボックスが表示されたら、ファイル名を入力し保存をクリックすれば元のファイルを残したまま編集後のファイルを保存することができます。

いかがでしたでしょうか。今回紹介した2つのショートカットを覚えておくと、ほとんどキーボードから手を離すことなく作業を完了させることも可能になります。作業をもっと効率よく行いたいと思っているかたはためしてみてください。