Windows10 自動的にスリープ状態を回避するための設定方法

スポンサーリンク

Windows Updateなどでたくさんのデータをダウンロードしているときなどに、パソコンをしばらく操作せずに放置しておくというケースが多々あります。

そんなときに困るのが、自動的にパソコンがスリープ状態になってしまうこと。

今回は、Windows10を自動でスリープ状態にならないようにする方法を紹介します。

自動スリープを回避する方法

1.設定を開き、「システム」をクリックします。

2.「電源とスリープ」をクリックします。

3.スリープの項目にあるプルダウンメニューから、「なし」を選択します。

これで何時間放置しても、Windows10が自動的にスリープ状態になる事はありません。

大きいデータのダウンロードなどをするときは、この項目をチェックしてみてください。