iOS15 Safari新機能まとめ

スポンサーリンク

iOS15では、さまざまな新機能が搭載されました。

その中でも、iOS標準ブラウジングアプリのSafariではUIの変更などを含め、Safariだけでもたくさんの新機能が搭載されています。

iOS15で追加されたSafariの新機能

アドレスバーの位置が大幅変更に

iOS15では、アドレスバーの位置が、今までの画面上部から画面下部へと大幅に変更になっています。

この変更が使いにくいとの声も一部のユーザーから上がっているようです。

アドレスバーの位置を変更する方法は、こちらの記事で確認できます。

iOS版Safariでも拡張機能が使用できるように

遂にiOS版のSafariでも拡張機能が使えるようになりました。

便利な拡張機能が出てきたときに、すぐに使用できるように拡張機能の追加方法を確認しておくと安心です。

Safariに拡張機能を追加する方法は、こちらの記事で確認可能です。

タブグループ機能が追加

今までだと、開きっぱなしで煩雑になっていたタブたちをジャンル別に分別しておけるようになりました。

このタブグループを利用すれば、いざ情報を確認したいというときにすぐに目的のページへアクセスすることができるのでおすすめの機能です。

 

今回のiOS15では、Safariの新機能だけでもこれだけの機能が追加されました。

どれも、普段使いに役立つものばかりですので、チェックしてみてください。