MacBookProなどの内蔵バッテリーの劣化具合を確認する方法

Macを永く使っていると「あれっ、バッテリーのもちが悪くなったかな?」って思うこと、ありませんか?

そんなときは、バッテリーの状態をチェックしてみましょう。

今回は、Macのバッテリー状態をチェックする2つの方法を紹介します。

バッテリー状態のチェック方法 その1

optionキーを押しながら、メニューバーにある「バッテリーアイコン」をクリックします。

バッテリー状態のチェック方法 その2

1.メニューバーにある「リンゴマーク」をクリックします。

2.「このMacについて」をクリックします。

3.「システムレポート」をクリックします。

4.「電源」をクリックします。

5.「状態情報」の欄に、バッテリー状態が表示されます。

バッテリー状態の目安

バッテリー状態に表示される状態は下記の4種類です。
※Apple HPより抜粋

  • 正常:バッテリーは正常に機能しています。
  • 間もなく交換:バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して低下しています。メニューバーに表示されるバッテリー状況を定期的に確認し、バッテリーの状態に気を配っておいてください。
  • 今すぐ交換:バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して大幅に低下しています。コンピュータを使い続けても安全面に支障はありませんが、充電能力の低下のせいで作業効率が悪くなるようであれば、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。
  • バッテリーの交換修理:バッテリーは正常に機能していません。適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。

正常以外の3つが表示された場合には、はやめにバッテリー交換をしておいた方が安心ですね。