Window10自動バックアップ設定方法

スポンサーリンク

PCが突然起動しなくなった時の為に慌てないように、バックアップをしておくことは大事な事ですが、Window10では外部メディアなどに自動的にバックアップを取ってくれる機能がありますのでご紹介します。

外付けのHDD(SSD)を用意しよう。

外部メディアにバックアップを取るために、まずは外付けのHDDやSSDを用意してPCと接続します。

設定画面を開いてバックアップの設定をしよう。

設定画面の開き方はコチラから。

1.『更新とセキュリティ』をクリックします。

2.画面左側のメニューから『バックアップ』をクリックします。

3.『ドライブの追加』をクリックします。

4.外付けのメディアが表示されますので、クリックして選択します。

※今回はUSBにバックアップをとってみます

5.メディア選択をしたら、「ファイルのバックアップを自動的に実行」の下にあるスイッチをONにしたら完了です。

その他オプション設定で細かい設定ができます。

上の作業でバックアップが初期の決められた日時に自動的にバックアップされますが、もっと細かく設定をしたい場合は下記も参考にしてみてください。

1.『その他オプション』をクリックします。

2.「ファイルのバックアップを実行」ではバックアップする時間を決めることができます。10分毎~1日ごとの範囲内で決定することができます。

3.「バックアップの保持」ではバックアップデータを保存しておく期間を決めることができます。

4.「フォルダの追加」では、デフォルトで決められているフォルダ以外に任意でバックアップしておきたいフォルダを選択することができます。

「いざ!」というときに困らないように日ごろからバックアップを取っておきましょう。