Gmailでメール送信のキャンセル表示時間を変更する方法

スポンサーリンク

Gmailには送信メールをキャンセルする「送信取消し」機能がついています。

送信ボタンを押した後に間違いに気づいたときなどに、送信をキャンセルできる便利な機能なのですでに使ったことがあるという方もいるでしょう。

ただし、この送信キャンセルができるのも初期設定だとたった5秒間。それを過ぎてしまってから間違いに気づいてもメールの送信は完了されてしまっています。

「万が一のときに送信をキャンセルすることができる時間は長い方がいい」という慎重派のかたは、この取り消し可能時間を長く設定しておくことをおすすめします。ここの時間設定は5秒から30秒のあいだで設定が可能です。

送信取消し可能時間を変更する方法

1.Gmailをひらき、「設定アイコン」をクリックします。

2.「すべての設定を表示」をクリックします。

3.「送信取り消し」の欄より任意の時間ををプルダウンメニューから選択します。5秒、10秒、20秒、30秒の4つから選択可能です。

4.一番下までスクロールし「変更を保存」をクリックします。

これで送信取り消しボタンが表示される時間を変更することができました。自分の好みに合わせて最適な時間を見つけてみてください。