Windows10 デスクトップに付箋を表示させる方法

スポンサーリンク

一日のタスクを把握するために付箋を使用しているという方も多いと思います。タスクを書き出した付箋をPCのモニターに貼って・・・なんて光景もよく目にしますからね。

ですが、その付箋Windows10なら標準機能でデスクトップ内にすべて表示しておくことが可能なんです。

Windows10にプリインの付箋アプリでスッキリタスク管理

Windows10には「付箋」というアプリが標準でインストールされています。このアプリは、デスクトップ画面上に付箋を表示できるというスグレモノ。これを使用すれば、日々の業務のタスクもすべてデスクトップ上で確認することができます。

付箋アプリは、スタートメニュー内のアプリ一覧内から起動が可能です。

アプリを起動すると、画面上に付箋が表示されクリックすることで入力が可能になります。

付箋の色の変更と削除

完了したタスクを削除したい場合は、付箋右上の「・・・」をクリックします。

ここでメモの削除や付箋の色の変更を行うことができます。

この付箋はパソコンをシャットダウンしたり、再起動しても消えることはありません。モニターのまわりに付箋がびっしりなんて方は、視界がスッキリしますのでおためしください。