スマホのバッテリーは寒さにも弱い!?バッテリーを寒さから守る方法

関東地方でも雪の予報がチラホラ見受けられる寒さ際立つこの季節。

あれ!?いつのまにかスマホのバッテリーが減っている!?

なんてことないですか?
実はこれ、寒さのせいでバッテリーが弱っているからなんです。

寒い場所では、温暖な場所に比べてバッテリーの性能が落ちてしまうんです。
Appleの公式サイトでは、iPhoneの使用に最適な温度は0℃〜35℃とされています。

今回は、iPhoneのバッテリーを最も効率的に使用する方法を紹介します。

とにかく寒い場所に晒さない

前述したように、iPhoneのバッテリーは暑すぎても寒すぎても性能が落ちてしまいます。

ですので、iPhoneを持ち歩くときには、ポケットなどの肌に近い場所にiPhoneをしまっておくほうがいいでしょう。

ただし、お尻のポケットに入れると座った際の衝撃で故障する可能性もあるので、おすすめしませんが・・・。

ポケットのない服を着る場合は、ネックストラップなどをつけ首からかけ、上着の中にしまうなどの工夫も必要になるかもしれませんね。

とにかくこの季節は、極端に寒い場所にiPhoneを晒さないということが重要です。

だからといってコレはダメ!

じゃあ、温めてあげればいいんだ!と思った方も多いと思います。

けれど、下記のような温め方はかえってバッテリーの寿命を縮めてしまいますので、絶対にやらないようにしてください。

  • ドライヤーで温める
  • ヒーターで温める
  • カイロで温める など

これらの方法で急激に温めてしまうと、iPhone内で結露が発生して故障の原因となる可能性があります。十分に注意してください。

Source:Apple公式HP