写真や時間をひとつのウィジェットに iOS14 『Color Widgets』の使い方

iOS14ではホーム画面のアプリアイコンをオリジナルに変更することができるようになり、カスタマイズの自由度がグッと上がりました。

ホーム画面のウィジェットも【Color Widgets】を使用することで、アプリアイコン同様にオリジナルの画像を背景に置いたり、ひとつのウィジェットに日付、バッテリー残量、時刻などを表示することができるようになります。

今回はColor Widgetsの使い方を紹介します。

Color Widgetsでできること

Color Wigetsでは、日付、時刻、バッテリー残量、写真の複数の機能を1つのウィジェットで表示させることができます。表示可能な組合せは下記のとおりです。

  • バッテリー残量+日付+時刻+写真
  • 日付+時刻+写真
  • 写真のみ
  • カレンダー+写真

またアプリ内に用意されたデザインから好きなものを選択して使用することも可能です。デザインには無料のものと有料のものがあり、王冠のマークがついているものは有料となっています。

Color Widgetsの使い方

1.アプリを起動し、Discover Widgetsの中から表示させたいものを選択します。

2.「EDIT WIDGET」をタップします。

3.背景やフォントを選択します。
※写真を背景にしたいときは、「Add Photo」をタップすると写真が選択できます。

4.編集が完了したら、「SET WIDGET」をタップします。

あとは、ホーム画面に戻りウィジェットの追加で「Color Widgets」を選択すればOKです。

Color Widgets

Color Widgets

MM Apps, Inc.無料posted withアプリーチ