携帯3社が新型コロナ支援措置を発表-50GBまでの追加を無料に

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は総務省からの要請を受け、新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン学習を行う25歳以下の学生を支援する目的で50GBまでのデータ追加の料金を無償化する通信環境支援策を発表しました。

各社の対応機関と内容は以下の通りです。

ドコモ

■実施期間
2020年4月1日~2020年5月31日

■対象者
2020年4月1日時点の年齢が25歳以下の契約者または利用者

■支援内容
「スピードモード」「1GB追加オプション」を申し込みの際、1GBあたり1,000円(税別)の利用料金を50GBを上限に無償化。

対象の料金プランや適用終了条件については、ドコモからのお知らせをご覧ください。

5Gギガライトやギガホなどの料金プランが対象となっている

KDDI

■実施期間
2020年4月1日~2020年4月30日

■対象者
2020年3月31日時点で25歳以下の契約者または登録利用者

■支援内容
データ定額サービス/料金プランでの月間データ容量超過後にデータチャージされた利用分のうち、50GB分までの利用料金とテザリングオプション利用料を無償化。

対象の料金プランや注意事項については、KDDIのニュースリリースをご確認ください。

データMAX5Gやauピタットプランなどが対象

ソフトバンク/ワイモバイル

■実施期間
2020年4月1日~2020年4月30日

■対象者
25歳以下の個人の契約者または使用者

■支援内容
追加データ購入料金を最大50GBまでとテザリングオプション利用料金の無償化

データの追加方法や詳細はソフトバンクのお知らせをご確認ください。

Source
ドコモからのお知らせ
KDDIニュースリリース「新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う支援について」
ソフトバンクお知らせ