iOS15新機能 アプリをまたいだドラッグ&ドロップのやり方

スポンサーリンク

iOS15では、異なるアプリ間でのドラッグ&ドロップができるようになりました。

この機能は、ファイルやテキスト、写真等をドラッグ&ドロップすることができます。

今回は、新機能『ドラッグ&ドロップ』のやり方を紹介します。

ドラッグ&ドロップの使い方

ここでは、例としてメモアプリにあるテキストをメールに貼り付ける方法を紹介しています。

1.対象のテキストを選択して長押します。長押し後に抑えた指を少し動かすと分かりやすいです。

2.ドラッグした指はそのまま、逆の手の指でホームに戻ります。

3.ドロップしたいアプリを起動します。ここでは、メールアプリを起動し、新規メール画面を開いています。

4.任意の場所にカーソルが移動したことを確認し、ドラッグした指を離します。

これでドラッグ&ドロップは完了です。テキスト以外のファイルや写真も同様の手順でドラッグ&ドロップを行うことができます。