iPhoneポートレートモードで撮影した写真の背景の「ボケ」具合を後から調整する方法

背景をぼかして、被写体をハッキリと撮影できるiPhoneの「ポートレートモード」、本当に被写体がクッキリと浮かび上がりキレイに撮影できますよね。

けれどたまに、ちょっと「ボケ」が強いとか弱いとか感じることってありませんか?
そんなときは、撮影後に「ボケ」具合を調整することができるんです。

撮影後に「ボケ」を調整する方法

1.ポートレードモードで撮影した写真を開きます。

2.「編集」をタップします。

3.画面左上の「F値」をタップします。

4.画面下部に被写界深度の調整バーが表示されました。
このバーをスライドして、「ボケ」具合を調整します。

5.完了したら、右下の「チェックマーク」をタップします。

以上で操作は完了です。

気に入らない場合は、いつでも元に戻すことができるので、一番しっくりくる「ボケ」具合を見つけて綺麗な写真を作ってみましょう。