iPhone 標準マップアプリで渋滞や通行止め情報を表示させる方法

知らない場所を運転するとき、行った先がいきなり通行止めなんて事になってたら、ちょっと困りますよね。

iPhoneに標準で搭載されているマップAppでは、道路の渋滞情報や通行止め情報をマップ上に表示することができるようになっています。

今回はその表示方法を紹介します。

マップ上に渋滞情報等を表示させる方法

1.マップを起動したら、右上の「i」のアイコンをタップします。

2.「マップ」タブをタップします。

3.「交通情報」をオンにします。

この状態でマップに戻ると、赤やオレンジの線で渋滞状況を確認することができます。

通行止めのアイコンをタップすると、詳細情報を確認することも可能です。

この機能があれば、出掛ける前に前もって確認することもできて安心です。
マップというと有料のものを使った方がいいと思いがちですが、無料でもこれだけの機能が使うことができるので、是非おためしください。