MacでアプリがApple Silicon対応かを確認する方法

先日発売されたApple Silicon(M1チップ)搭載のMacでは、CPUがIntel製からM1チップに変更されています。

そのため、現在使用しているアプリがM1チップ搭載のものでも使えるのかどうか?という点を気にしている方も多いのではないでしょうか?

そんなときは、アプリの対応状況を確認できるサイトがあります。

M1モデルを購入する前にアプリの対応状況を確認しよう

M1チップ搭載のMacでアプリが使用できるかどうかは、Is Apple silicon ready?というサイトで確認することができます。

このサイトでは、M1チップに最適化されたアプリ、Intel用のアプリをRosetta2で動作させることができるアプリが一覧でまとめられています。

各項目のグリーンのマークはネイティブM1サポート、イエローがRosseta2でのみ動作可能、レッドが機能しないアプリとなっています。

また一覧上部にある検索バーにアプリ名を入力する事で、特定のアプリの対応状況を確認することもできます。

M1 Macを使っているときにユニバーサルアプリかどうかを確認するときは?

すでにM1 Macを使用している場合には、今使っているアプリがユニバーサルアプリなのかどうか?というのも気になる点です。

そんなときは、下記の方法で確認することができます。

1.Finderなどでアプリ名を副ボタンクリックします。

2.「情報を見る」をクリックします。

3.「種類:アプリケーション」の表記の後ろに「Intel」または「Universal」と表記があります。ここでIntelと表記されているものは、Rosetta2を使用して動いているアプリとなります。

当然ながら、ユニバーサルアプリの方がマシンパフォーマンスを発揮することができますので、ここで「Intel」と表記されているアプリについては、今後の対応情報を随時確認しておきたいところですね。