Mac 解凍したファイルを自動的に削除する設定方法

解凍済みのZipファイルなどはちゃんと削除していますか?

もう使わない余計なファイルはできる限り整理しておきたいですよね。

Macでは、ちょっとした設定をすることで解凍したZipファイルなどを自動的に削除してくれる驚きの機能があります。

今回はその設定方法を紹介します。

解凍済のファイルを自動削除するための設定方法

1.Spotlightで「アーカイブユーティリティ」を検索し、開きます。

2.ディスプレイ左上(マーク)の隣にある、「アーカイブユーティリティ」をクリックします。※キーボードで「command⌘+,」でもOKです。(その場合は、手順4へ進んでください)

3.「環境設定」をクリックします。

4.展開後のプルダウンメニューから「アーカイブを削除」を選択します。

これで設定は完了です。

これからは、Zipファイルなどを解凍すると元のファイルは自動的に削除されます。

手動で削除してもいいのですが、これが意外と手間なんですよね。この自動削除機能を設定しておけば、整理の手間がかなり省けますのでおすすめです。