iPhoneで撮影したHEIC形式のファイルをJPGに変換してパソコンへ転送するための設定項目

iOS11からiPhoneで撮影した写真はHEIC形式で保存されるようになっています。そのためiPhoneで撮った写真をWindows10で見ようとしても、表示させることができません。

その対処法としては、iPhone側で写真の保存形式をJPEG形式に変更するという方法があります。

ただ、既に撮影済みの写真をパソコンで表示させたいということもあると思います。今回は、iPhoneからJPGに変換してパソコンへ転送するための設定を紹介します。

HEIC形式の写真をJPGに変換して転送するための設定

1.設定を開き、「写真」をタップします。

2.一番下までスクロールし、[MACまたはPCに転送]の項目にある「自動」をタップして選択します。

ここの設定を自動にすることで、パソコンで開けるように互換性のある保存形式で転送をすることができるようになります。