iPhoneがあれば大丈夫!紙の書類をスキャンする2つの方法

スポンサーリンク

テレワーク(在宅ワーク)をしているときに、「紙ベースの書類をデータで送ってほしい」なんて言われるときありますよね。

「オフィスにいる時ならば、すぐにスキャンして送れるけれど、うちにはスキャナーもないし…」

そんなときiPhoneなら立派にスキャナーの代わりになってくれます。今回は、iPhoneで紙の書類をPDF形式にスキャンする方法を紹介します。

iPhoneをスキャナー代わりに使う方法

iPhoneで書類をスキャンするには「メモアプリ」と「ファイルアプリ」の2種類の方法があります。

メモアプリでスキャン

▶メモアプリを起動し、カメラマークをタップします。

▶「書類をスキャン」をタップします。

▶スキャンしたい書類をカメラでうつします。
ピントが合うと自動的にシャッターが切られ、スキャンされます。

▶画面左下の撮影した画像をタップすると、細かい編集が可能です。

▶編集画面では、ファイルの撮影範囲の調整・色の変更・回転ができます。

・範囲の調整
四隅の丸付近をドラッグすると、範囲を変更することができます。

・色調整は、カラー・グレイスケール・白黒・写真から選択可能です。

▶完了後に画像をタップし、右上の共有ボタンをタップすれば、そのままメールで送信したり、クラウドストレージに保存することができます。

共有ボタンからメールへの添付やクラウドストレージへの保存が可能

ファイルアプリでスキャン

▶ファイルアプリを起動し、右上のメニューをタップします。

▶「書類をスキャン」をタップします。

▶スキャンしたい書類をカメラでうつします。
ピントが合うと自動的にシャッターが切られ、スキャンされます。

▶編集画面では、ファイルの撮影範囲の調整・色の変更・回転ができます。

・範囲の調整
四隅の丸付近をドラッグすると、範囲を変更することができます。

・色調整は、カラー・グレイスケール・白黒・写真から選択可能です。

▶右下の「保存」をタップします。

▶保存したい場所を選択し、「保存」をタップします。

※この時に書類名(ここでは「スキャンした書類」)をタップすると、書類に名前を付けることができます。

この方法を使えば、家にスキャナーがなくても簡単に書類をスキャンして使うことができます。スキャナーがなくて困っているなんて方は、ぜひ活用してみてください。