Mac スリープまでの時間を変更する方法

スポンサーリンク

macOSでディスプレイのスリープを有効に使えば消費電力を軽減することはできますが、その時間設定があまりにも短すぎると何度もパスワードを入力しなくてはならずちょっと面倒です。

スリープまでの時間は、人それぞれ適正値があると思いますので色々ためして自分にあった時間に設定するのがおすすめです。

今回は、Macでスリープになる時間の調整方法を紹介します。

スリープまでの時間を変更する方法

1.システム環境設定を開き「省エネルギー」をクリックします。

2.「ディスプレイをオフにするまでの時間」のスライダーをスライドし時間を調整します。

MacBookの場合はバッテリー利用時と電源アダプタ使用時のそれぞれのケースで調整が可能になりますので、タブを切り替えてそれぞれ調整をしておきましょう。