iOS14 背面タップがうまく起動しないときに見直したい2つのポイント

iOS14から追加された背面タップ。iPhoneの背面部分をタップ、またはトリプルタップするだけで割り当てた機能を起動することができるとても便利な機能です。

ですが、実際に使ってみるとなかなか上手く反応してくれない・・・なんてことを感じている方は、今回紹介するポイントをチェックしてみてください。

1.タップの強さは少し強めで

何度かためしてみたところ、タップの強さを少し強めにした方がiPhone本体に振動が伝わり、起動する確率は高くなるようです。

このタップの強さが弱すぎると、反応してくれないので厚手のケースを装着している方などは、ちょっと強めにタップすることを意識してみてください。

2.叩く場所はカメラの右下あたりを

次にタップをする位置です。タップをする場所は、下記画像のマークの当たり、iPhone本体半分より上(リンゴマークの上)あたりからカメラの横あたりをタップすると認識しやすいようです。

あまり上過ぎたり、下過ぎると認識してくれませんでした。

背面タップは、予め用意されているメニュー以外にもショートカットを組み合わせることでとても便利に使える機能です。もしも背面タップが反応しないとお悩みならば、上記のポイントを意識して試してみてください。

【背面タップの設定方法】