Windows10 高速スタートアップを無効にする方法

Windows10には、「高速スタートアップ」という機能が搭載されています。

高速スタートアップはWindowsの起動を高速化してくれるという機能で、一見非常に魅力的な機能ですが、この高速スタートアップが有効になっているがためにWindows Updateの更新プログラムがうまく適用されなかったり、インターネットが繋がらなくなってしまったりというトラブルが発生することがあります。

いくらパソコンの起動が速くなったとしても、トラブルが発生しやすくなってしまったら意味がないですよね。

というわけで今回は、「高速スタートアップ」を無効にする方法を紹介します。

高速スタートアップを無効にする方法

1.設定を開き、「システム」をクリックします。

2.「電源とスリープ」をクリックします。

3.「電源の追加設定」をクリックします。

4.「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

5.「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外し「変更の保存」をクリックします。

これで作業は完了です。

Windows10では初期状態で高速スタートアップが有効になっていることが多いので、この設定を確認したことがないという方はいちど確認してみてください。