Mac 標準機能だけで電子印鑑作成から押印までをおこなう方法

以前Adobe Acrobat Reader DCでDPFファイルに押印する方法を紹介しました。

しかし、Macユーザーなら最初からインストールされている標準アプリ「プレビューアプリ」を利用して電子印鑑の作成から押印までをノンストップで行うことができます。

電子印鑑を作成する方法

▶紙に電子化したい印鑑を押印します。

▶Macのプレビューアプリを起動し、ツールバーにある鉛筆のアイコンをクリックします。

▶マークアップツールバーの「署名」アイコンをクリックします。

▶「カメラ」タブをクリックします。

▶先ほど紙に押印した印影を、Mac内蔵カメラに写しすと自動的に印影がMacに取り込まれます。「完了」クリックすると、取り込みが完了します。
※もう一度やり直したい場合は、「消去」をクリックすれば最初からやり直しが可能です。

これで電子印影の登録は完了です。

電子印鑑を押印する方法

▶プレビューアプリのマークアップツールバーないに表示されている「署名」アイコンをクリックします。

▶登録した印影を選択すると、ファイル上に押印されます。

大きさや色の変更

押印した印影の四隅をドラッグすると拡大/縮小ができます。

マークアップツールバーの「枠のカラー」から色を自由に変更することが可能です。

Macユーザーならプレビューアプリでの押印がおすすめ

この方法なら、Acrobat Readerをダウンロードすることも、印影作成ツールやサイトを利用する必要もありません。

なのでたとえオフラインでもプレビューアプリのみで印影の作成から押印までを完結することができるので、もしあなたがMacユーザーならばこちらの方法をおすすめします。