iPhone 使用していないアプリを自動削除するための設定方法

もうずっと使っていないけれど、なんとなくiPhoneに入れっぱなしでストレージを無駄に圧迫しているアプリないですか?

今回紹介する設定をしておけば、iPhoneが使っていないアプリを自動的に削除してストレージの空き容量を確保してくれます。

ずっと使っていないアプリを自動的に削除する設定

1.設定を開き、「App Store」をタップします。

2.一番下までスクロールし、「非使用のAppを取り除く」を有効にします。

たったこれだけの作業で、i使用されていないアプリがiPhoneから削除されます。

取り除かれたAppはアプリ名の頭にクラウドマークが表示されます

削除されたアプリのデータは保持されますので、再度インストールするとデータが元に戻ります。

iPhoneのストーレジ管理が面倒に感じている方は、いちどこの設定を使用してみてください。