iOS13.3.1がリリース!詳細情報とアップデート時の注意点

2020年に入って初めてiOS13のアップデートがリリースされました。今回のアップデートでは、ペアレンタルコントロール機能で、子供が勝手に連絡先を追加できる機能を塞いだものなどが追加されています。

詳細なアップデート内容は以下のとおりとなっています。

iOS13.3.1アップデート内容

  • “通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
  • U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加
  • iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処
  • “メール”でサーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決
  • “メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
  • FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処
  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
  • CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処
  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

新しい機能はありませんが、たくさんのバグの修正が行われているようです。

アップデートをするときの注意点

不具合が出る可能性もゼロではない

アップデートにはたくさんのバグの修正が含まれています。

とはいえ、iOS13.3.1はまだまだリリースされたばかり。今後アップデートをおこなった際に生じる不具合報告などがあがってくる可能性もあります。

そういった事も含めて、現在メインで使用しているiPhoneへのアップデートをするのはちょっと待った方がいいかもしれません。

万が一に備えバックアップを

それ以外にも、アップデート中に不具合が発生してiPhoneが動かなくなってしまった。なんてことになる可能性もゼロではありません。

OSのアップデートをする際には、必ずiCloudなどでバックアップを作成してから行うようにしましょう。

【iPhoneのデータをiCloudにバックアップする方法」】

Source:iOS13のアップデートについて-Apple-