iOS13.5.1がリリース アップデートを推奨

iOSデバイス向けの「iOS13.5.1」がアップルよりリリースされています。

前回のiOS13.5がリリースされてから間もないですが、早くもiOS13.5.1がリリースされました。その内容はどんなものなのでしょうか?

iOS13.5.1のアップデート内容

今回のアップデートには、機能面でのものは含まれておらず、セキュリティアップデートのみとなっています。

アップルの公式サイトによると、iOS13.5.1に含まれているセキュリティアップデートには、以下のとおりとなっています。

  • 対象デバイス:iPhone 6s 以降、iPad Air 2 以降、iPad mini 4 以降、iPod touch(第7世代)
  • 影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。
  • 説明:メモリ処理を強化し、メモリ消費の脆弱性に対処しました。

この脆弱性とは、デバイスに脱獄ツールを使用できなくするもののようです。またメモリ消費問題についても解決されているようです。

対象ユーザーは早めのアップデートを

今回のアップデートには、セキュリティ面の脆弱性の修正がされていますので、対象デバイスを利用している人は早めのアップデートをおすすめします。

アップデートの際には、必ずバックアップを取ることを忘れないようにしましょう。