Windows11にアップグレード可能?正常性チェックツールの使い方

スポンサーリンク

10月5日に新しいWindows、Windows11がリリースされました。

けれど果たして、自分のPCはWindows11にアップグレードできるのだろうか?スペックは足りているのだろうか?そう不安になっているかたもいるのではないでしょうか?

今回は、Windwso11にアップグレードするために必要な最小要件と簡単にチェックするためーのツールの使い方を紹介します。

Windows11にアップグレードするための最小要件

Windows11にアップグレードするためには、お持ちのパソコンが以下の最小要件を満たしている必要があるとされています。

プロセッサ 1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)。
メモリ 4GB
ストレージ 64GB以上の記憶装置
システムファームウェア UEFI、セキュアブート対応。
TPM TPM2.0
グラフィックスカード DirectX 12以上(WDDM 2.0ドライバー)に対応。
ディスプレイ 対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ。

またこの他に、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要となります。

詳細は、Microsoftの『Windows11の使用とシステム要件』のページを確認してみてください。

正常性チェックツールのダウンロード方法

システムの最小要件が分かっても、実際に自分のパソコンがそれを満たしているのかどうか分からない、もっと手っ取り早く知りたいという方もいますよね?

そんな方は、Microsoftが提供している正常性チェックツールを使ってみてください。

1.Microsoftのチェックツールダウンロードサイトにアクセスします。

2.PC 正常性チェック アプリのダウンロード」をクリックします。

3.ダウンロードが完了したら、「WindowsPCHealthCheckSetup」をダブルクリックします。

4.使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ、「インストール」をクリックします。

5.下画像の画面が表示されたら、「完了」をクリックします。

「ショートカットをデスクトップへ追加」にチェックを入れると、次回以降、デスクトップのショートカットから起動することができます。

チェックツールの使い方

チェックツールのインストールが完了したら、自動的にチェックツールが起動します。

チェックツールが起動しない場合は、デスクトップやアプリ一覧から「Windows PC 正常性チェック」を探してみてください。

今すぐチェック」をクリックすると、チェックが始まります。

チェックが終わると、結果が表示されます。

Windows11 ISOファイルをダウンロードする方法

2021-10-10

Source:Microsoft