【Windows11】 位置情報のオン/オフを切り替える方法

スポンサーリンク

Windows11で位置情報のオン/オフを切り替える方法を紹介します。

位置情報を有効にしておくと、マップなどのアプリで今いる位置情報を表示してくれたりと、Windows11を有効に使えるようになります。

逆に位置情報を無効にしておくことで、外部への情報漏洩の予防にもなります。

Windows11で位置情報をオン/オフする方法

1.設定を開き、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

2.画面を下にスクロールして、「位置情報」をクリックします。

3.「位置情報サービス」の欄から、位置情報のオン/オフを切り替えることができます。

アプリ毎に位置情報へのアクセスを許可する方法

「アプリに位置情報へのアクセスを許可する」をオンにしておくと、アプリ毎に位置情報へのアクセス可否を設定することができます。

1.「アプリに位置情報へのアクセスを許可する」をオンにします。

2.位置情報へのアクセスを許可したいアプリの場合は「オン」許可したくない場合は「オフ」にします。

補足説明
位置情報を使用しているときは、タスクバーに位置情報アイコンが表示されます。

スポンサーリンク