【Excel】 シートを挿入・削除するためのキーボードショートカット

スポンサーリンク

Excelで新しいシートを作成する、またはシートを削除する。

そんなシーンはたくさんあると思います。

そんなとき、わざわざマウスを使って【シートの追加・削除】をしていませんか?

じつはこのシートの追加と削除、キーボードショートカットで行うことができます。

キーボードショートカットを使用すれば、キーボードから手を離すことなく作業を続けられるのでとても作業効率が上げることができます。

今回はそんな、シートを追加・削除するキーボードショートカットを紹介します。

シートを挿入するためのショートカット

シートの挿入をするためのショートカットは、2つあります。

ひとつ目が、

[Shift]+[F11]キーを同時に押す方法。

そしてふたつ目は、

[Alt]+[I]+[W]キーを順番に押す方法です。

どちらが使いやすいかは、個人差や利用シーンによって変わってくると思いますので、自分に合った方を見つけてみてください。

シートを削除するためのショートカット

そして今度は、シートを削除するためのショートカットです。

シートを削除したい時は、[Alt]+[E]+[L]キーを順番に押すとシートを削除することができます。

注意
シートの削除は、[Ctrl]+[Z]で戻すことができません。削除の際は、十分にご注意ください。

シートの追加や削除という作業単体で考えれば、さほどの時間差はないかもしれません。

でも、作業全体の作業効率として考えると、効率アップが狙えます。

まだマウスでこの作業をしている、という方にはオススメのショートカットです。

【Excel】全角から半角(半角から全角)に一括変換する方法

2022-07-24

スポンサーリンク