iPadでスクリブル機能を使用するときに知っていると便利な4つの操作方法

スポンサーリンク

iPadOS15では、Apple Pencilで手書き入力した文字を自動的にテキストへ変換してくれる、スクリブル機能が日本語に対応しました。

このスクリブル機能を使用する際に、覚えておくと便利な4つの操作方法を紹介します。

覚えておきたい4つの機能

文字を入力するにあたって、よく使用するのが次の4つの操作です。

  • 削除
  • 選択
  • 結合
  • 挿入

Apple Pencilでのそれぞれの操作方法を紹介します。

削除

誤って入力したテキストを削除したい時は、削除したいテキストをApple Pencilで縦または横方向に塗りつぶす(こする)ことによって、塗りつぶしたテキストを削除することができます。

選択

テキストの選択は、選択したいテキストを円で囲むか、テキスト上に横線をひくことで選択することができます。

結合・分離

テキストの結合、または分離は、結合や分離したいテキストの前後に縦線を引くことによって、単語の結合や分離ができます。

挿入

テキストの挿入をしたい位置をApple Pencilでタップして、ホールドするとテキストを書き入れるスペースが発生します。

このスペースにテキストを書き入れることができます。

この4つを覚えればスクリブルがとても快適に

この4つの機能を覚えておくと、スクリブルがとても快適に使えるようになります。

ちょっとしたメモを、テキストベースで残しておきたいときなど、場合によっては、キーボードで入力するよりも早く作業をすることができるようになります。

今回紹介した4つの操作を覚えて、iPadをより快適に使えるようにしてみてください。

iPadOS15で日本語の手書き入力を使用する方法

2021-12-16