Excel オートSUMを使用するためのキーボードショートカット[Alt+Shift+=]の使い方

Excelを使用していてよく使うもののひとつにSUM関数があります。

今回は、このオートSUMを使用するためのキーボードショートカット、[Alt+Shift+=]の使い方を紹介します。

オートSUMショートカット[Alt+Shift+=]の使い方

オートSUMでは下の画像のように、選択したセルの上もしくは左に連続して数値が入力されている範囲を自動的に判別して計算をしてくれます。

■A11のセルを選択し他状態で[Alt+Shift+=]を押すと、A1からA10までのセルに入力されている数値の合計を計算します

■D1のセルを選択した状態で[Alt+Shift+=]を押すと、A1からC1までのセルに入力されている数値の合計を計算します

■セルを複数選択した状態で[Alt+Shift+=]を押すと、複数の行または列の合計値をまとめて計算することができます

※ここで紹介しているキーボードショートカットは、日本語配列のキーボードを使用した際のものです。US配列のキーボードを使用している場合は、[Alt+=]となりますのでご注意ください。