不要になったInternet Explorer11をアインインストールする方法

スポンサーリンク

Windows10では標準ブラウザとしてMicrosoft Edgeが搭載されていますが、同時に今まで使用されていたInternet Explorer11もインストールされています。

Microsoft EdgeとInternet Explorer11の両方がインストールされている

インターネットはEdgeやGoogle Chrome、Firefoxを使っていて、Internet Explorer11はもう必要ないという方も多いと思います。

ということで今回は、Internet Explorer11のアンインストール(削除)方法を紹介します。

Internet Explorer11のアンインストール方法

▶Windows10の設定画面を開きます。

▶「アプリ」をクリックします。

▶「アプリと機能」をクリックします。

▶「オプション機能」をクリックします。

▶Internet Explorer11を選択し、「アンインストール」をクリックします。

▶あとはWindows10を再起動すれば、アンインストールは完了です。

Internet Explorer11をアンインストール後に、トラブルが発生したり、やっぱり必要になったという場合は、以下の手順で再インストールすることも可能です。

Internet Explorer11の再インストール方法

▶さきほどと同様に、「アプリと機能」から「オプション機能」を開きます。

▶「機能の追加」をクリックします。

▶Internet Explorer11を選択し、「インストール」をクリックすれば再インストールが可能です。インストール完了後はWindows10を再起動してください。

スポンサーリンク