Windows Update時の自動再起動を調整する方法

スポンサーリンク

Windows10では定期的にWindows Updateにより自動的に更新が適用されるようになっています。そしてその中には、再起動を必要とする更新プログラムも。作業中に自動でパソコンが再起動なんてことになったら、大変なことですよね。

テレワークなどで作業中に自動的に再起動してしまわないように、通常使用しているパソコンの設定を確認しておきましょう。

自動再起動の時間を調整する方法

Windows10には「アクティブ時間の変更」という項目があり、ここで設定した時間内は、更新のために自動再起動をさせないように設定することができます。

▶ 設定画面を開き、 「更新とセキュリティ」をクリックします。

▶「アクティブ時間の変更」をクリックします。

▶スイッチをオフにします。

▶「現在のアクティブ時間」にある「変更」をクリックします。

▶開始時刻と終了時刻を設定し、「保存」をクリックします。

▶ここに表示されている時間がアクティブ時間として設定され、更新による自動再起動がされないようになっています。

アクティブ時間の自動調整に注意

アクティブ時間の変更内にあるスイッチをオンにすると、Windows10が今までパソコンを使用していた時間から分析し、アクティブ時間を自動的に設定してくれます。

一見、便利なような機能に感じますが、先ほど設定した時間帯は無効になってしまいますので、この自動調整を利用する場合はご注意ください。